//-----------------------------------------------------------------------------------------------
(easelの
教育機関向けバージョン);
2020年度より小学校でのプログラミング必修化がスタートします。
私たちは、プログラミングは多様化・複雑化していく現代社会とどう対話していくかという、
これからの時代における新しいコミュニケーションの方法であると考えています。
そこで、絵を描いたり、音楽を演奏したりするのと同じ感覚で
プログラミングを学んでいくことができるはずだと考え、
独自の教材easel [イーゼル]を作り出しました。
//-----------------------------------------------------------------------------------------------
(小学校・中学校・高等学校への
プログラミング教育向けのバージョン);
表紙デザイン
教材サンプル「円を描こう」
//-----------------------------------------------------------------------------------------------
1
本格的なプログラミングの解説
テキストベースの本格的なプログラミングを解説しています。
プログラミング的思考を獲得する上で大切なのは、実際にプログラムを「書く」ことに他なりません。
「書く」体験が、思考のフィードバックにつながり、
その繰り返しを経てしか本質的な意味でプログラミング的思考を学ぶことはできないのです。
※小学校向けには、漢字へのフリガナや高等数学を避けた説明などを追加しております。
//-----------------------------------------------------------------------------------------------
2
メディアアート × プログラミング教育
「技術や音楽、美術の授業におけるプログラミング教育」をテーマに、
図形や色、音をメイントピックとした全20回の入門カリキュラムを考案。
//-----------------------------------------------------------------------------------------------
3
教師向けに指導方法をケア
教材は、小学校・中学校・高等学校の授業時間を目安に作成。
時間配分や、教習上での注意点、学生のよくあるミスを紹介しています。
学習指導ガイドも付属しているので、
プログラミング授業未経験の先生でも安心してご利用頂けます。
//-----------------------------------------------------------------------------------------------
お問い合わせ お問い合わせ